北欧風,インテリア
(画像=photocreo-bednarek/stock.adobe.com)
peekaboo
peekaboo
WEBライターチームを運営しています。在籍中のライターのほとんどは子育てママ。 インテリアコーディネーターや美容師、管理栄養士など、これまでの経歴や資格を活かしたライティングを行っています。

おしゃれな家のスタイルとして代表的な北欧インテリア。木材を多く使う日本の住宅とも相性が良く、温かみのある空間は居心地も抜群で、とても人気のスタイルです。そこで今回は、北欧インテリアに欠かせないポイントから、北欧家具や雑貨が手に入るショップのサイトなどを、インテリアコーディネーターがご紹介します。

目次

  1. 北欧家具や雑貨が手に入るおすすめサイト3選!
    1. CONNECT(コネクト)
    2. CHLOROS(クロロス)
    3. scope(スコープ)
  2. 実店舗に行くならココ!おすすめショップ3選
    1. HAY(ヘイ)
    2. ACTUS(アクタス)
    3. IKEA(イケア)
  3. 北欧風住宅をつくるポイントとは
    1. ポイント1 :白ベース×ウッド素材
    2. ポイント2: 色彩豊か&柄のファブリック
    3. ポイント3: 照明で温もりを感じさせる
    4. ポイント4: ミッドセンチュリー家具と相性が良い
    5. ポイント5: 自然に溶け込むような外壁や三角の屋根
  4. 実例紹介!北欧テイストの家をチェック
  5. ポイントをおさえれば北欧インテリアは日本の住宅とぴったりマッチする!

北欧家具や雑貨が手に入るおすすめサイト3選!

家具や雑貨によって、北欧らしいインテリアにグッと近づけることができます。なんといっても今は北欧家具や雑貨を扱うサイトや実店舗が増えてきました。実店舗が近くに無い場合に便利なのはがオンラインサイトです。本格的なアイテムも購入できるので、ぜひチェックしてもらいたいですください! 。

CONNECT(コネクト)

https://www.connect-d.com/

CONNECTホームページ
https://www.connect-d.com/
Instagram
https://www.instagram.com/connect_jp/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCCZDLQejB_U2BN7GzsBilrQ
Facebook
https://www.facebook.com/connect2design?ref=ts&fref=ts

フリッツ・ハンセンやルイスポールセンなどの北欧デザイナーによる本格的な家具や照明が手に入るサイトです。取り扱うジャンルは豊富で、北欧にまつわるファブリックや雑貨、ファッションアイテムなどさまざまなものが取り揃えてあります。

なかなか手に入りづらい一点ものの北欧ヴィンテージ家具もあるなど、北欧好きな方なら十分に満足できるサイトになっています。

CHLOROS(クロロス)

CHLOROSホームページ
https://www.chloros.jp/https://www.chloros.jp/furniture
Facebook
https://www.facebook.com/CHLOROS.JP

原料調達から製造、設計、デザインまですべての工程を自社で行っている、オリジナルの北欧系家具ブランドです。店舗を持たずオンラインのみで販売しているため、高品質な家具をベストな価格で手に入れられます。

また、希少なヴィンテージ家具や北欧ブランドを中心とした雑貨なども豊富に揃えているので、非常に人気があるサイトです。

scope(スコープ)

Scopeホームページ
https://www.scope.ne.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/scope_japan/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCgGJqnuder-TystEdrksDhw

北欧らしい生活が実現できる、食器やファブリックといった生活雑貨を主に取り扱うサイトです。Scopeオリジナルや別注アイテムなら、手頃な値段で購入できるのも魅力的のひとつです。

北欧の人気ブランドもいくつか取り扱っており、ギフト選びにも最適と喜ばれています。

実店舗に行くならココ!おすすめショップ3選

オンラインでは実際の色味や質感が分かりにくいこともあり、直接見て決めたいという方も多いですよね。そこで、実店舗へ行くならぜひチェックしてみてほしいお店をご紹介します。

HAY(ヘイ)

HAYホームページ
https://www.hay-japan.com/category/FUR/
Instagram
https://www.instagram.com/hayjapan/
Facebook
https://www.facebook.com/hayjapan/

本来、北欧家具は高額なものが多く、なかなか手の届きにくいアイテムが多いのが一般的な印象です。HAYは、本格的な北欧家具をもう少し身近に感じてもらいたいというコンセプトで作られたブランドになります。

ファッション×アート×建築といった北欧ならではの要素をすべて兼ね備え、一生もののテーブルや椅子が見つかるでしょう。その他にも、食器や生活雑貨など幅広いアイテムが揃い、HAYならではのユニークなデザインを楽しめます。

直営店は東京のみですが、オンラインショップも開設されています。フルラインナップではないものの、全国のインテリアショップでも取り扱いがあるので探してみる価値はありそうですね。

また、期間限定でポップアップストアがオープンするといったこともあるようなので、随時公式サイトなどでチェックしてみると良いでしょう。

ACTUS(アクタス)

ACTUSホームページ
https://www.actus-interior.com/
Instagram
https://www.instagram.com/actus_press/
Facebook
https://www.facebook.com/actus.interior

北欧に限らずナチュラルモダンやインダストリアルなど、さまざまなジャンルの最新トレンドが揃う人気店です。全国各地に展開されており、ひとつひとつ大型店舗になっているのが特徴です。

ショールームのようにディスプレイされているため、真っ白な新生活でも具体的にイメージしやすいでしょう。

また、なかなか見つけにくい子ども用家具が取り扱われているのも大きな魅力です。北欧インテリアにマッチするようなシンプルで洗練された家具のセレクトで、選ぶのがとっても楽しくなります。

IKEA(イケア)

IKEAホームページ
https://www.ikea.com/jp/ja/
Instagram
https://www.instagram.com/ikeajapan/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCTS7GCjd9itlrv_DhXcwZwA
Facebook
https://www.facebook.com/IKEA.jp

プチプラで北欧アイテムを購入するなら絶対外せないのがIKEAです。アイテム数が抜群に多く、雑貨から大型家具まで生活に関わるものほとんどが手に入るでしょう。

スウェーデン発祥ということもあり、絶妙な配色やデザインはまさに北欧らしい!のひと言。

そして、IKEAに行くなら必ずチェックしておくべきアイテムがラグです。北欧インテリアに欠かせない手織りのキリムラグは、インテリアショップで購入すれば10万円以上のお値段が珍しくないものの、IKEAでは数万円台で購入することができます。

北欧風住宅をつくるポイントとは

住宅を北欧らしいテイストにするためには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。おしゃれで洗練された北欧インテリアも、コツとポイントさえつかめば誰でも憧れの空間を作ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

ポイント1 :白ベース×ウッド素材

まずは白を基調とした内装に、自然素材のウッド家具という組み合わせが北欧インテリアにおいて代表的なスタイルです。工業的なものではなく、自然素材を使った手作りのようなアイテムが北欧らしさを演出できる大切なポイントとなります。

ポイント2: 色彩豊か&柄のファブリック

ベースとなるカラーは白ですが、ここから一気に北欧らしさをプラスしていくなら配色や柄使いがポイントになるといえます。厳しい冬を明るい気持ちで乗り越えるために、北欧ではポップで自然をモチーフとしたテキスタイルを取り入れるアイデアがインテリアに取り入れられ、それが北欧インテリアの特徴となっています。

全体を基調とするベースカラーには白を、カーテンやソファ、大きめのラグといったアソートカラーにはグレイッシュなカラーを配置。さらに、クッションやコンパクトラグなどのアクセントカラーにはオレンジやグリーンといったビビットカラーを取り入れましょう。

ポイント3: 照明で温もりを感じさせる

北欧インテリアの大切な要素として忘れてしまいがちなのが照明です。寒い北欧には照明によって温もりを演出することも不可欠で、電球色のような暖色を選べば北欧らしいほっこりした雰囲気を演出できます。

また、インテリアの特徴としては多様なデザインの照明が使われているのも印象的です。北欧には数多くの照明デザイナーが名品を生み出しているので、これらのデザイナーズ照明もぜひ取り入れてみましょう。

ポイント4: ミッドセンチュリー家具と相性が良い

1950年代を中心にデザインされたミッドセンチュリー家具には、デンマークやフィンランドなど北欧出身デザイナーによるプロダクトが多くあります。

モダンで大胆なデザインが特徴的ですが、北欧らしいシンプルな空間にミッドセンチュリー家具を取り入れ、インテリアにエッジを利かせるのも楽しみ方のひとつです。

ポイント5: 自然に溶け込むような外壁や三角の屋根

外装の特徴は、自然豊かな北欧地方にマッチしたデザインです。美しい景色に溶け込むような、自然素材を使った外壁や色味をセレクトしてみましょう。

また、雪がよく積もる北欧では、積雪を回避するために屋根が三角になっているのも特徴です。このあたりは日本ともよく似ています。

白を基調とした外壁に、赤い瓦を使った屋根、木材による柵やウッドデッキといったコーディネートで北欧風住宅を演出してみましょう。

実例紹介!北欧テイストの家をチェック

それでは実際に北欧テイストを取り入れた住宅をチェックしてみましょう。こちらのお宅ではモノトーンを意識されており、北欧×ヴィンテージをコンセプトにした美容室が併設されています。

内装は全体的に白を基調としつつ、ウッド素材や暖色系の照明なども取り入れられているのが特徴です。北欧らしさを感じられる要素もありつつ、スモーキーなアッシュホワイトにブラックのアクセントを入れてモノトーンに仕上げています。

モノトーンカラーは優しい雰囲気の北欧インテリアにもぴったり合い、かっこ良く仕上がるため男性からの人気も高いです。

クールな印象が好みの方は、時計やアートパネルなどの小物にもモノトーンを取り入れて統一感を出してみてください。

ポイントをおさえれば北欧インテリアは日本の住宅とぴったりマッチする!

白い壁にウッド素材の組み合わせなどは、日本の住宅にも共通する特徴といえますよね。このようなことから、北欧インテリアは日本人にとって取り入れやすく、ポイントさえおさえれば誰でもおしゃれにコーディネートできます。

今回ご紹介したポイントやお店を参考にしていただきながら、ぜひあなただけの特別な空間をつくりあげてくださいね。